手打うどんの店 倭
写真をクリックすると画像がアップになります。メニューや麺の特徴がよくわかると思います。

住  所
神戸市中央区元町通3−4−5
電  話
(078)331−2492
営 業 時 間
11:00〜20:00 水曜は〜16:00 日曜は〜17:00
定 休 日
なし
駐 車 場
なし
ホームページ
なし
私がまだ讃岐うどんにハマる前は、
「元町でなんか食べる」となると【つるてん生楽】(蕎麦)が相場だったのです。
この店のことは知りませんでした。
しかしこの店のことを知り、試しに食べてみると、
これが美味い!
で、このページに掲載をなったワケですが、
掲載にあたって再訪問を敢行。
前回はカメラを持って行ってなかったので、今回は撮影もすることにしました。
と言っても訪問は仕事中の昼休み。
一日で2〜3種類のうどんを食べるには、ちょっとキツイので
3日間に分けて食べてみました。

まず初日は、「ざるうどん」を食べてみました。
注文してから麺をゆがくのでしょうか?
しばらく待ってうどんが出てきました。
麺を観察すると、麺の太さは細麺。
エッジもそれほど立っていません。
見た目は「すごく普通のうどん」だったのですが、
食べてみると、なんちゅうコシの強さ!
いや、これコシか?
芯とちゃうの?
どっちかわかりませんが、とにかく硬い。
つけダシの器が大きい理由がハッキリわかりました。
器が小さいとうどんが暴れて、入らないのです!
それほど強いうどんなのでした。
いや〜、ビックリです。

翌日は「ハイカラうどん」です。
「ハイカラ」なので天かすだけかな?と思っていたら、
なんとアゲも入っています。
これは初体験です。
食べて見ると、昨日の「ざる」のように暴れる麺ではありませんでしたが、
それでもこの細さでこのコシの強さは特筆ものだと思います。
またかけダシも比較的しっかりとした味付け(アゲのせい?)なので、
とても美味しく食べられました。

最終日は「釜揚げうどん」を食べてみました。
浅い器が意外な感じです。
さっそく食べてみると、この細さながらしっかりと釜揚げのフワフワ感が
あります。
もちろん麺は熱々のぶりぶりでした。
コシもしっかりと感じられます。
つけダシも濃い味で、ショウガなどの薬味もよく効いて、
これ、美味いがな!

店構えや立地場所からして、こんなに美味しいとは思いませんでした。
神戸では「東のすずめ、西のときわ」と言われる方もいらっしゃいますが、
ぜひ【倭】のうどんも食べてみて下さい。

2005年6月29日 訪問
主なメニュー
かけ ¥430
月見 ¥510
きつね ¥530
ハイカラ ¥530
釜揚げ ¥600
天婦羅 ¥760
おろし ¥680
ざる ¥600
麺の大盛りは¥150アップ
兵庫のうどん
TOPへ
(C) 2004 Wakky★T-Works. All rights reserved.
inserted by FC2 system