わら家
写真をクリックすると画像がアップになります。メニューや麺の特徴がよくわかると思います。

住  所
高松市屋島中町91
電  話
(0878)43−3115 
営 業 時 間
10:00 〜 19:00
定 休 日
無休
駐 車 場
あり
ホームページ
あり
【かりん温泉】でたっぷり休憩した後、再び出発です。
しかしここでトラブル発生です!
W君がどうしても行きたかった【長田in香の香】、
定休日かもしれないので「ヤバイかもしれんぞ。」と車内から電話をしてみるものの、
誰も出ません。
「店、やってないんとちゃいますか〜。」となり、急遽予定変更です。
まず国分寺の【ジャンボ】(正式名称知らん)が5時までとのことなので向かいます。
しかし4:30頃到着したにもかかわらず、暖簾はしまわれていました。
な、な、なんで・・・
あんなに綿密に立てた計画が・・・
(完全に当日の成り行き計画であったが)
もうすっかり「釜あげうどんモード」になっていた一行は、
少し遠いながらも【わら家】へ向かいました。

もうすっかり日が暮れて、あたりは真っ暗です。
こんな時間に観光地に来る人はおらんやろ・・・と思っていたら
店の中にはそこそこの人がうどんを食べています。
私たちは全員飢えていた「釜あげうどん」を注文いたしました。

まずコップが2つ運ばれてきました。
「こっちがお茶用で、こっちがうどんダシ用ですからね。」とおばちゃんが説明してくれます。
そのうち大きな徳利に入ったダシがドン!と来ました。
この徳利からうどんダシを注ぐのには、ちょっとしたコツがいります。
私はなんとかセーフ。
しかし同行者の中には危なっかしい手つきの人もいます。
見かねたおばちゃんが、「こうやって注ぐんですよ。」と見本を見せてくれました。
さすがに上手でした。

そうこうするうちにうどんが運ばれてきました。
今日初めての釜あげうどんです。
そこそこ疲れも見せてきた面々ですが、味が変わると食べられるのか
「こら美味いですね〜。」とズルズル食べています。
私もアッという間に食べ終えてしまいました。

「観光地に美味いものなし」とは時々耳にする言葉ですが
この【わら家】に限ってはあてはまらないと思います。
お客さんはなんぼでも来る立地条件ですが、
決して手を抜くことなく、真面目にうどんを提供されていると思います。
これからもその姿勢で頑張って欲しいと思いました。

2005年11月10日 訪問 2回目
巡礼
TOPへ
次へ
(C) 2004 Wakky★T-Works. All rights reserved.
inserted by FC2 system