ふるさと村 うちやまそば
写真をクリックすると画像がアップになります。メニューや麺の特徴がよくわかると思います。

住  所
養父市長野240−1
電  話
(0796)66−0307
営 業 時 間
10:00〜16:00
定 休 日
木曜日(祝日の場合は翌日)
駐 車 場
あり
ホームページ
なし
この店の名を初めて聞く方も多いと思いますが、この【うちやまそば】は
内山営農組合の有志13軒が村おこしの一環として始めたそば屋さんだそうです。
場所も国道沿いではなく、朝来の新井(にい)から養父へ抜けるウラ道(県道70号線)
沿いにあり、まことにのどかで静かな集落の小高い丘の上にありました。

私たちが到着したのが12:00ちょっと前、
こんな田舎なのに、もうすでにお客さんのクルマが5〜6台ありました。
丘のふもとではイチゴ狩りも行われており、そのお客さんが
ここのそばを食べるのかもしれませんね。
県道からお店までの間も結構坂を登ったのですが、
駐車場からお店までも歩いて坂(階段)を登ります。
ようやく店内に入りました。
まだ完成して日が浅い建物は明るく、とても爽やかな印象を受けます。
席に案内されメニューを見ました。
このお店は基本的に「ざるそば」と「かけそば」しかなく、
それぞれに炊き込みご飯や天ぷらなどが付いた定食があるのみの
シンプルなメニュー構成でした。
そこで私たちは、「ざるそば定食」と「かけそば」を注文しました。

しばらくして、そばが運ばれてきました。
右の写真とは順序が逆ですが、まず「ざるそば」を食べてみました。
「挽きたて・打ちたて・茹でたて」を謳っているだけあって、とてもよい香りです。
エッジの立ち具合はまぁまぁ、粒々も見えます。
さっそく食べてみました。
見た目より思いのほかコシがあって、なかなか美味しいぞ。
そばつゆも甘くなく辛くなく、素朴な味でこれはいけます。
もちろん天ぷらは揚げたての熱々で、おそらく地元で採れた野菜なのでしょうね。
野菜の味が濃いのです。
うん、美味い!
ワサビも地元で採れたのを使用しているらしく、
ただ「辛い!」だけのワサビではなくて、香りや風味も良かったですよ。
ワサビだけを食べて美味しいと思ったのは初めてでした。

次は「かけそば」を食べてみます。
さきほどの「ざるそば」よりコシが弱いのは麺が温かいので仕方ないとして、
ダシが少し濃い味付けになっていて、麺がそのダシを吸ってこれは美味い!
ひょっとしてここの蕎麦は、「かけそば」の方が美味しいかも。
少なくとも私はそう感じました。
ただダシを飲むためにレンゲが付いてきたのには笑ってしまいました。
ラーメン食べとんのとちゃうねん!って(笑)

でもこのおおらかさが田舎のそばの特徴なのでしょうか。
気鋭の職人が丹精こめて打つそばももちろん美味しいのですが、
田舎の人がおおらかな気持ちで打つそばも美味しいのです。
【うちやまそば】の「ざるそば」も「かけそば」両方とも田舎のそばの良い特徴が
表現できていて、食べていて肩がこらない、安心できるそばでした。

2005年4月10日 訪問
主なメニュー
ざるそば ¥700
ざるそば定食 ¥1200
かけそば ¥700
かけそば定食 ¥1200
兵庫のそば
TOPへ
(C) 2004 Wakky★T-Works. All rights reserved.
inserted by FC2 system