殿さんそば
写真をクリックすると画像がアップになります。メニューや麺の特徴がよくわかると思います。

住  所
豊岡市日高町殿810
電  話
(0796)44−1888
営 業 時 間
11:00〜17:00
定 休 日
火曜日
駐 車 場
あり
ホームページ
なし
豊岡市日高町といえば神鍋高原等をひかえ、自然豊かなところです。
またスキー場も多いので、冬にはスキーに行かれた方もいらっしゃるのでは?と思います。
そんな日高にそば店があるというメールをいただいた私は、
ちょうど但馬地方に用事(遊び)の予定がありましたので行ってみることにいたしました。

江原駅方面(国道312号)から行かれる場合は国道482号へ入り、神鍋を目指します。
途中に植村直己冒険館がありますので、その手前の信号(伊府交差点)を左折し南下。
途中に一時停止があろうが製材所があろうが道が細くなろうがかまわずに直進、
5分ほどクルマで走ると右側に見えてきます。
周りは田んぼと山しかない地域に新しい施設がポンと建っていますので、
すぐにわかると思います。

阿瀬渓谷で有名な阿瀬川を渡るとお店(駐車場)の入り口が見えてきます。
本当に周囲の風景からは完全に浮いています(笑)。
きけば平成17年7月にオープンしたとのことですから、まだ1年と少し…
新しいはずですね。
ちなみに名前の由来である「殿」とは、このあたりの集落の名前のようでした。
さてさっそく店内へ入ると、テーブル席・座敷・掘りごたつ席があります。
全部で約50席くらいでしょうか。
分煙もなされています。
私たちは座敷席(喫煙席)に座り、メニューを見て
「盛りそば」と「殿さん定食」をオーダー、
量が足らなかったらいけませんので、最初から「追加1枚」を頼んでおきました。

まず「殿さん定食」が来ました。
蕎麦に天ぷら・炊き込みご飯のおにぎり・小鉢等が付いています。
しかしこのメニューには追加を頼んでないのに蕎麦が2枚盛りでした。
これは嬉しい誤算です。
この蕎麦は10割蕎麦だそうです。
食べてみるとそれらしい食感で香り・歯ごたえともに美味い蕎麦でした。
田舎の素朴な蕎麦という感じです。
天ぷらもオーダーが入ってから揚げるそうで熱々でした。
こういう蕎麦も好みなんです。
ウマー♪

そうこうするうちに「盛りそば」が来たのですが、これも2枚盛りがデフォ。
追加1枚を頼んでいますので、当然3枚盛りに・・・(笑)
これだけ食べられるか心配したのですが、まぁええか・・・と食べ始めます。
蕎麦はさきほどの「殿さん定食」のと同様で、10割の田舎系蕎麦。
よく観察すると麺の中に蕎麦の粒々がよく見えます。
ツユは少し甘めなのですが、これは許容範囲で美味しかった!
追加をしたためか「足らんかったらあかんから…」と
そばツユが入った徳利を置いていってくれました。

私たちが席を立つのが早かったためか、お店が忙しかったためか
そば湯は頼まないと出てこないようでした。
(ここは確認が必要ですね)

どちらかと言えば、「田舎の素朴な蕎麦」系のお店です
「村おこし」の一環で開業したようですが、これは美味いですよ!
わかりにくい場所にありますが、行く価値はあるのではないでしょうか。


2007年9月8日 訪問
主なメニュー
 盛りそば ¥650
 追加1枚 ¥200
 かけそば ¥650
 天ぷら(山菜)そば ¥700
 殿さん定食 ¥1050
兵庫のそば
TOPへ
(C) 2004 Wakky★T-Works. All rights reserved.
inserted by FC2 system