谷川製麺所
写真をクリックすると画像がアップになります。メニューや麺の特徴がよくわかると思います。

住  所
高松市東植田町2139−1
電  話
(087)849−1628
営 業 時 間
11:00〜14:00
定 休 日
なし
駐 車 場
あり
ホームページ
なし
前回の渡讃から数ヶ月が経ち、そろそろかなぁ?と思っていたところ、
おがちゃんさんが「行かないけんとです!」という雄叫びが・・・(笑)
そこでMixiでメンバーを募ってみたのですが、なんと10名での巡礼となりました。
今回は2台のクルマに分乗して一気に香川を目指しました。

今回の1軒目のお店は【谷川製麺所】です。
地図で見ると何も目印がなく、なかなか難しそうな場所なのですが
おがちゃん号のカーナビのおかげですんなり到着♪
しかしお店の前まで来てもなかなかうどん店であることがわかりにくく、
「え、着いたの?で、うどん屋はどこ?」と思われた方も少なからずいらっしゃったようです。
左側の建物の屋根の色・形が特徴的ですので、これを目印にすればよいのではないでしょうか?
そして右側の建物がうどんを食べさせてくれる「お店」です。
駐車場はお店の前の空き地に数台、店の裏にもあるようでした。
入り口から奥のほうで進むとうどんを作っているスペースがありました。
セイロの上にうどんが並んでいますので「作り置きか?」と思ったのですが
よく見るとまさに今並んだばかりのようでして、麺がピチピチしています。
メニューはシンプルに小¥150、大¥250、替え玉¥100のみ。
私は「小」と言い、おばちゃんにうどんをもらって代金を支払い、
隣にあるずんどうからダシをすくってかけました。
このずんどう、ダシだけが入っていると思いきや、実は底の方には具がたくさん沈んでいて
底からかきまぜるといろんな具が浮いてきます。
それらをすくってうどんにかけると、写真のような「しっぽくうどん」になるのです。
しかし具をたくさんすくうのは、なかなか難しかったです(笑)。
このようなうどんになりました。
具は季節の旬のものが入るようで、私達が訪れた時(春)はタケノコがたくさん入っていました。
冬にはイノシシも入るんだとか。
この写真を撮影した後、テーブルの上にあった一味唐辛子をかけて食べたのですが、これが強烈に辛い!
私は少しだけかけたのですが、それでも強烈でしたので、普通にドバッとかけると即死でしょう(笑)。

さて肝心のうどんですが、さすがに作りたては美味い!
麺に勢いがあるのですが、コシはさすが讃岐という感じ、
すなわち温かいダシをかけたにもかかわらず、しっかりと粘る感覚がたまりませんでした。
ダシも野菜の甘さがよく出ていて美味しかったです!
本当はもっと食べたいんですが、1軒目から全開では後が持ちませんので断念。
地元の人が羨ましいなぁ・・・

2007年5月19日 訪問
巡礼
TOPへ
次へ
(C) 2004 Wakky★T-Works. All rights reserved.
inserted by FC2 system