高校生時代の同級生で、名古屋在住のF見君と飲んでいた時のこと、
私が最近うどんにハマッているという話をすると、なんとF見君は
自分でうどんを打つというくらいのマニアであることが判明。。
香川へ食べに行った話をすると、「連れて行けー!」と言うではないか。
話はトントン拍子に進み、前回の巡礼から約1ヶ月後の10月某日、
お好み焼き屋の娘の「チカちゃん」を誘って4人で行くことになりました。

当日、朝一番の新幹線でやってきたF見君を新神戸駅で拾って、
一路香川を目指します。
がしかーし、以前は2回ともバスでしたが、今回のうどん屋巡りは
初めてのマイカー巡礼です。
自信ないです・・・。
だって看板も出てない、目印もないような店を探して行くのでしょ?
オマケに香川県の土地勘は無いし、カーナビなんて付いてないし。
まぁどうにかなるやろ・・・と軽い気持ちで出発したのでした。
(本当はね、うどん屋MAP付きの本買ったり、みなさんのHP見て
必死で勉強したのよ。でも自信ありませんでした。)

淡路島を越え、鳴門から徳島道へ入り美馬ICで降りて峠を越えれば、
目指す【谷川米穀店】はすぐそこです。
しかし近くで見てもうどん屋には見えない外観らしい・・・
見つかるかな〜?という思いも杞憂でした。
軽トラしか似合わない山中の道の両端に、レジャー仕様のミニバンや
大きなベンツまでうじゃうじゃ路駐しているではないか!
ははぁ、ここらへんやな〜とクルマを停め、橋の下をのぞくと、
我家の液晶モニター(パソコンのこと)で見たことのある外観!
間違いない!
私たちはやや緊張気味に、喜び勇んで店内に入りました。

店内は思ったほど混雑しておらず、すぐに注文できました。
おばちゃんに「冷たいんを1玉ください。」と言うと
おばちゃんは「1玉な」と言って、うどんを手渡してくれました。
醤油をちゃーーーっとかけ、酢をちゃっとかけ、青唐辛子を
少ーしだけ乗せて、さぁ食べるぞー!

「ズルッ・・・。」

「ぎゃー、うーまーいー!」
「ぎょえー、なんちゅううまさやぁ!」
「うん、めっちゃ美味しい♪」と各人の表現はバラバラですが、
ごっつぅ美味しかったのであります。
【山越】のようにしっかりした麺ではありませんが、女性的で優しく
しかしちゃんとコシがあって、これは美味い!
「あーもうたまらん、おかわりじゃー!」と、今度は「ぬくいんに玉子」
を注文し、しょうゆをちゃーーーっとかけて食べてみると、
「げぇ〜、全然違ううどんに化けよったー!」
みんなひと口ずつ食べると、「ぎえー」とか「しぇ〜」とか叫んでいます。
嫁なんか「【山越】を越えたかも・・・。」とまで言う始末・・・。
【山越】も美味しかったが、【谷川米穀店】のうどんも美味しかった。
これ、どっちが美味しいのか?なんて、言えないよなぁ。
【山越】のうどんはマッスル系だし、【谷川米穀店】のうどんは
女性的だし・・・。
しかし美味しかったー!
また来よう!

2003年10月10日 訪問
住  所
仲多度郡まんのう町川東1490
電  話
(087)784−2409
営 業 時 間
11:00 〜 14:00
定 休 日
日曜日
駐 車 場
あり
URL
あり
谷川米穀店
主なメニュー
ぬくい つめたい
¥105
¥210
玉子 ¥30
巡礼
TOPへ
次へ
(C) 2004 Wakky★T-Works. All rights reserved.
inserted by FC2 system