須 崎
写真をクリックすると画像がアップになります。メニューや麺の特徴がよくわかると思います。

住  所
三豊市高瀬町上麻3778
電  話
(0875)74−6245
営 業 時 間
7:00〜20:00 (うどんはお昼頃までしか食べられないらしい)
定 休 日
無休
駐 車 場
あり
ホームページ
なし
電車が遅れていたとんさんと善通寺駅で合流し、
目指すは本日2軒目のお店、【須崎】です。
今回の巡礼で、個人的に一番楽しみにしていたお店なのですが
同じように思ってらっしゃる同行者も多かったみたいです。

私のクルマには付いていないカーナビのおかげで、お店には難なく到着いたしました。
しかしお店の前まで来ても、「どこや?」と周囲をきょろきょろするくらいうどん屋さんには見えないのです。
それもそのはず、このお店は個人経営の食料品店として営業しているようで
その一角に「うどんを打つ」スペースがあるのです。
「うどんを食べるスペース」は無いに等しいので、お店の人の邪魔にならないように注意せねばなりません。

実はお店に入る時、私は躊躇したのです。
だってうどん屋さんには見えないし、食べられそうな雰囲気ではなかったからです。
しかし同行のK1郎さん、怖いものなしなのかズンズン入って行きますので
その後にくっついてお店の奥へと入って行きました。
ちなみにうどんを食べる方は、一番右の入り口から入るそうです。

事前情報で、「うどんを食べさせてもらうよう懇願するべし」(笑)という情報を得ていましたので
「あの〜、うどん食べさせてもらえますか?」と尋ねてみました。
すると
「いくつ?熱いん?冷たいん?」
と言ってくれました。
ここで全員(9人)の注文を取りまとめていると収拾がつきそうになかったので
独断ではありましたが、「冷たいんを9杯」と勝手にオーダーいたしました。

ステンレス製の台の上にうどんが9杯、ズラッと並びました。
おばちゃんが市販のしょうゆとしょうがを用意してくれましたので、
流れ作業でうどんを手渡していきました。
そして食べてみると、これが美味い!
むちゃくちゃ美味い!
小麦の香りが素晴らしいのです。
もちろん麺のコシは言うまでもありません。
ここは太い麺で冷たくしてもらってますので、ガツンとくる強い麺なのです。
ウマ〜♪
じょーさんによると、このうどんを釜揚げの湯抜きで食べるとさらに美味しいそうですが
そうでしょうねぇ。
まさか食料品店でこんな美味いうどんが食べられるとは思ってませんでした。
ちなみにおばちゃんは一生懸命ネギを切ってくれていたのですが
それを出してくれた頃には私たちはすでに食べ終えた後でした。
おばちゃん、ごめんなさい。

2006年9月30日 訪問
巡礼
TOPへ
次へ
(C) 2004 Wakky★T-Works. All rights reserved.
inserted by FC2 system