コープ神戸の雑誌、「ステーション」に私が在住している
神戸市北区にもおいしそうなそば屋さんが紹介されていたので、
「これは食べに行かなあかん!」ということで、珍しく素早い行動で
出掛けることになりました。
(いつもこれくらいの行動力があればなぁ・・・)

事前情報では、店主は元々能面師だったそうです。
趣味でそば打ちをしていたらしいのですが、一念発起して
店を出すようになったとか。
で、東京の浅草で修行をされて現在の地に店を構えました。
理想は江戸前のそばなんだそうです。
すごい経歴だなぁ・・・と感心しました。

店には案外すんなりと到着しました。
場所は説明しにくいのですが、三田のキリンビール工場の近所です。
(探して行ってください。)

店の外観から受ける印象は、「このそば屋、うまいんかなぁ?」
そんなに敷居は高そうではありませんし、高級そうでもありません。
しかし玄関を入ってみると、木をふんだんに使用した店内は清潔そうで
店主の几帳面な性格が表れているようで好感が持てます。

席に案内されて何を食べるのか悩みました。
しかし例によって2人で3つ注文する作戦に出て、店の人に呆れられ
ないか心配しながらそばを待ちました。
注文したのは、「せいろ」「田舎そば」「かけそば」の3つ。
まず出てきたのは、「田舎そば」。
メニューによると、「香りの高い少し太打ちのそばです。」と書いてます。
確かに良い香りがしました。
が、もっと黒いそばが出てくると思っていた私はちょっと拍子抜けです。
麺の中にも粒々はあまり見えません。
さっそく食べてみましょう。

「ズルズルッ・・・」

お!
結構美味しいぞ。
さっきの拍子抜けから一転、ポイントを稼ぎました。
江戸前のそばを目指しているとのことなので、麺をつゆに半分ほど
つけて食べてみましたが、なかなかいけます。

次はノーマルの「せいろ」が来ました。
先ほどの「田舎そば」と比べると、あきらかに細いです。
細い麺の方が好きな私は、さっそく食べてみました。

「ずずず〜・・・」

うまいがな!
江戸前を目指しているということなので、敢えて麺を全部つゆにつけず
に食べてみましたが、それでもいけます。
アッという間に食べてしまいました。

最後に来たのが「かけそば」。
実はこれが一番印象に残っているのです。
ダシが比較的濃い味付け(色も)の関東風なのです。
それでいて辛くないのよね。
めったに東京へ行かない私には、斬新な味でした。
こういうのが「江戸前のそば」っていうのか〜と思いました。

それと、器が木製でなかなか珍しく、趣がありました。
インテリアとマッチしてます。

食べている間にも次々とお客さんが入ってきます。
私は雑誌で初めて知ったのですが、地元の人は知っていたんだなぁと
思いました。
自宅から近いし、また行こうっと。

2004年6月26日
住  所
神戸市北区長尾町上津4567
電  話
(078)986−0341
営 業 時 間
11:30〜15:00
定 休 日
火曜日
駐 車 場
店の前に3台
URL
なし
そば切り 雪月花
主なメニュー
せいろ ¥700
田舎そば ¥700
鴨せいろ ¥1300
かけそば ¥700
鴨南そば ¥1300
天ぷらそば ¥1300
そば
TOP
(C) 2004 Wakky★T-Works. All rights reserved.
inserted by FC2 system