新田ふるさと村 そば処 千ヶ峰
写真をクリックすると画像がアップになります。メニューや麺の特徴がよくわかると思います。

住  所
神崎郡神河町新田340−1
電  話
(0790)33−0870
営 業 時 間
11:00〜17:00
定 休 日
水曜日
駐 車 場
あり
ホームページ
あり
兵庫県神崎町は姫路から北上し、中国山地のふもとに位置する山間の町です。
そんな山々からはきれいな水が湧いているらしく、
大勢の人が名水を汲みに来ているようですね。

今回訪れたお店はそんな水汲み場から約30分ほど分け入った、
標高500メートルの、本当に山の中にあります。
この施設は町営もしくは第3セクター方式なのか、山の中に立派な建物があり
その一角にありました。
実は以前にもこのお店を訪れたことがあるのですが、
その時はホームページを立ち上げるつもりもなく、
カメラも持っていない時、本当に食べ歩いているだけの時期に来ていますので
どんな味だったのか、記憶も曖昧になっています。
「どんな蕎麦だったのか、確かめよう!」という気持ちもありました。

それにしてもすがすがしい空気です。
天井の高い店内はエアコンが入っていませんでしたが、
それでも風はさわやかで、暑いとは感じませんでした。

テーブルに座ってメニューを見ます。
せっかくここまで来たのだからと、私は「ふるさと定食」、
嫁は「山菜天もりそば」を注文しました。
お客さんが少なかったからか、そばや天ぷらは注文を受けてから作るようで
厨房から天ぷらを揚げる音が聞こえてきます。
しばらくしてそばが運ばれてきました。
普通山菜料理といえば緑色が多いイメージがあるのですが、
これはおこわに入ったニンジンや赤ピーマンの天ぷらなど
赤色がよく目だっていて、とてもきれいに見えます。
食べてみると、天ぷらがサクサクで美味い!
なんと言っても山菜の味が濃いのが素晴らしいです。
蕎麦の味も素朴。
コシは強くありませんが香りも良く、麺の中には粒々も見えます。
真面目に打った蕎麦という印象を受けました。
こういう田舎では、こういう蕎麦の方が安心しますね。

嫁の注文した「山菜天もりそば」は、私の「ふるさと定食」から
おこわ・コンニャクの刺身・佃煮などが省かれた、
蕎麦と山菜天ぷらのみのセットです。
麺のエッジは鋭くなく、先述したとおりコシは強くないのですが
本当に優しい蕎麦で、安心感がある蕎麦でした。
美味しかったです。

店内には小さな物産店みたいなのがあって、おみやげ物も売っていました。
私たちも思わず醤油を買いました。
駐車場では羊が歩いていたりして、本当にのんびりできます。
山道がかなり長く感じられ、遠いような印象ですが
近くに温泉もありますので、セットで行かれてはいかがでしょうか。

2005年9月16日 訪問 (2回目)
主なメニュー
越知川定食 ¥2000
ふるさと定食 ¥1500
山菜天もりそば ¥1100
もりそば ¥700
かき揚げ天ぷらそば ¥900
かけそば ¥700
兵庫のそば
TOPへ
(C) 2004 Wakky★T-Works. All rights reserved.
inserted by FC2 system