「御影(みかげ)に美味いそば屋があるらしい・・・」
こういうウワサを耳にして半年、ようやくネットで検索すること1時間弱、
(もっと早い時期に調べろよ・・・)
それらしき店を特定できましたので、さっそく突撃してきました。

場所は阪神・石屋川駅の南。(御影と違うやんけ・・・)
わかるかな〜?と思いながら行ったら、すぐわかりました。
事前情報では、何やら店主は話好きらしいとのこと。
そんな人柄が反映されてか、店の戸は開け放たれていました。
店内に入ると、あれ?案外狭いぞ。
カウンター席のみで、8席くらいしかありません。
そば屋というと立派な和風の店構えで敷居が高いように思っていましたが、これでは一杯飲む小料理屋か一品料理屋のようです。

店内に入り「何にしようか?」と壁に書かれたメニューを見ていると、
「すいません、この季節は石庵そばしかできないんですわ。」と言います。
これはつなぎ無しの10割そばのことです。
仕方ない・・・。
実は「麻絹そば」(さらしな)と「献上そば」(信州そば?)も食べたかった
のですが、「季節的に打ってないんですよ〜。」とのこと。
「12月に入って新蕎麦が入荷したら打ちます。」と言っていました。

しばらくして注文した「石庵そば」(大盛り)が出てきました。
すんごい細い!
まるで素麺のように細いんです。
しかしその極細麺の中にもそばの粒々が見えていて、なんとも
美味しそうです。
オマケに出された瞬間からそばの香りも匂ってきます。
さっそく食べました。

「ズルズル・・・」

これ、美味い!
細いけどちゃんとコシがあって、噛み応えもある。
つゆもちょっと辛目で私の好み!
間違いなく美味い!
私は関西人らしくそばをつゆの中にドップリと入れて食べるのですが、
このそばは関東みたいにそばを半分ほどだけつけて食べても
美味い!
私は途中からそばつゆをつけずに、そばだけで食べてみたりも
したのですが、これでもいけます。
アッという間に食べ終えると、さきほどの店主がコシの出し方とか
「ちょっとしたコツですわ。」と自慢げに話しかけてきました。
なんでもサラリーマンだったらしいのですが、脱サラ(早期退職?)
して独学で勉強して、出石で数ヶ月修行してお店を出されたそうです。

ちょうど食べ終えた頃、そば湯が出てきました。
ポタージュ系のドロッとしたタイプですが、色がうっすらと
緑色なんです。
これには驚きました。

帰り際、「新蕎麦の季節にまた来て下さいね。」と、¥100の
割引券をくれました。
これは再訪問して食べなイカン・・・。
そう思いながら店をあとにしました。

お店の写真、行った時間が夜だったので真っ黒ですね。
次回は昼間に行きますので、再UPいたします。

2004年10月17日
住  所
神戸市東灘区御影石町2丁目11−13
電  話
(078)822−2862
営 業 時 間
11:30〜売切れまで 17:00〜20:00
定 休 日
月曜日
駐 車 場
なし
URL
なし
御影里 石庵
主なメニュー
石庵そば(10割そば) ¥800
 大盛り ¥1100
麻絹そば(さらしな) ¥1000
 大盛り ¥1300
献上そば(信州風?) ¥1300
 大盛り ¥1600
そば会席(夜のみ 要予約) ¥3000
そば
TOP
(C) 2004 Wakky★T-Works. All rights reserved.
inserted by FC2 system