結論から申し上げます。
「ごめんなさい、参りました。」

このHPに紹介しているたくさん(たくさんなのか?)のそば屋さん、
私は「美味い!」とばかり書いていますが、実は
「ここがもうちょっとこうだったらもっと良いのになぁ・・・」という
小さな不満(まではいかないが・・・)も少しはあります。
(あえて書いていませんが・・・)
しかし「ろあん松田」は、そんな不満を微塵も感じさせませんでした。
「値段が高いんだから、まずかったら承知せんぞ!」という、
多少意地悪な気持ちで臨んだにもかかわらず・・・です。
今でも頭が下がる思いです。

場所は、篠山鳳鳴高校の西角の交差点(城北交差点)を北へ曲がり
狭い道をまっすぐどんどこ行きます。
一応直進ですが、途中「どっちに行くんだ?」という箇所もあります。
ま、迷いながら行ってください。

店に入ると、まず玄関脇の「控え場所」みたいな場所で
案内されるまで待ちます。
しかしすぐに席に案内され、ゆったりと落ち着きました。
席は3組分のみ。
なんて贅沢なんだろう・・・。
時間もゆっくり流れているように思います。

さっそく料理が出てきました。
せっかくなので、「蕎麦ひとそろえ」¥4000を予約してあります。
(今は¥4500なのかな?)
そばに¥4000なんて・・・と一瞬思いましたが、まぁええか。
まずはお餅を揚げたようなものが出てきました。
次は「前菜」のようなもの。
その次は煮物。
どれも美味しく、手のかかった料理であることを実感できます。
素晴らしいです。
が、早くそばを食べたいな・・・と思っていたら、そばが出てきました。
最初のそばは、「もり」です。
麺は極細、粒々は見えません。
でもさすがに¥4000だけあって、綺麗なそばです。
どれ、お手並み拝見・・・と食べてみます。

「ズルッ・・・。」

美味い!
このそばは、おそらく万人ウケするだろう。
そつがなく、非常に高いレベルで癖がない。
次はそばがきが出てきました。
実はそばがきを初めて食べるのですが、こんなに美味かったんだ!
そばがきを食べ終えると、ようやく次のそば「荒挽き」です。
このそば、すごい!
ここにアップした写真を置いておきますが、粒々が大きくて
麺から出ているところもあり、表面がボコボコしています。
こんなに強烈な「荒挽き」は初めてですが、
なんとこれを塩で食べるのか!

「ズルッ・・・。」

くゎー、参った。
降参するくらい美味い!
塩で食べるそばにも驚きましたが、これは塩なしでも美味い!
うわー、これはすごいわ!

次は揚げ物です。
これもなかなか美味しく、もうそば屋ではなく料亭に来た気分です。
その次に本日3品目のそばですが、
「山かけ」もしくは「おろし」のどちらかを選択するようになっています。
もちろん両方食べたかったので、1つづつお願いしました。
出てきたそばは透明感があり、粒々も少し見えます。
なんと今日出てきたそば、全部違うそばじゃないか!
別々に打ってるのか・・・と気付きました。
(考えてみれば当たり前ですが・・・。)
さっそく食べてみましょう!

「ズルズル・・・。」

これも美味いわー・・・。
なんでこんなに美味いんだろう?と首をかしげるくらい美味い。
どちらもアッという間に食べ終えてしまいました。

最後にデザートが出てきてコースは終了です。
ここまでの時間、1時間30分強を要しましたが、
そんなに長時間食べている感じではありません。
次々と出てくる美しい料理を堪能しているうちに終わり・・・
って感じです。
料金の¥4000も、はじめは「えっ?」と思いましたが、
食べ終えた実感では、十分価値はあると思います。
てか、安いと思います。

「そば」って、何なんだろう?
多分、昔のそばは庶民が気軽に食べるものだったのだろう。
もしくは山間部で米が獲れない地域では、米の代用食だったとも
聞いたことがあります。
しかしこの「ろあん松田」のそばは、どうだ!
「庶民の味」「米の代用食」とはかけ離れています。
違う方向に進化した「究極のそば屋」ではないだろうか?
これは邪道なのかな?いや、こんなそば屋もありなのかな?
そんなことを考えたりしました。

「もうそば屋の範疇を越えているのではないか?」とも思いましたが、
帰り際にご主人が手をついて見送ってくれた際に、
私のベタ褒めの言葉に対し、ご主人の言葉は
「日々精進の、一介のそば屋です。」という言葉を尊重し、
そば屋ということにしておき、紹介させていただきました。

2004年2月15日 訪問
住  所
篠山市丸山154
電  話
(0795)52−7755
営 業 時 間
12:00〜と14:00〜の完全予約制  17:00〜18:00
定 休 日
火曜日
駐 車 場
あり
URL
なし
ろあん松田
主なメニュー
盛り ¥1500
荒挽き ¥1500
おろし蕎麦 ¥1600
山かけ蕎麦 ¥1700
そばがき ¥900
蕎麦ひとそろえ ¥4000
そば
TOP
(C) 2004 Wakky★T-Works. All rights reserved.
inserted by FC2 system