ぷらっときすみの
写真をクリックすると画像がアップになります。メニューや麺の特徴がよくわかると思います。

住  所
小野市下来住町34−8 JR小野町駅構内
電  話
(0794)62−5116
営 業 時 間
8:00〜16:00 (売り切れ次第終了)
定 休 日
水曜日
駐 車 場
あり
ホームページ
なし
このお店の情報源は、またまたコープ神戸の雑誌「ステーション」です。
しかしこの雑誌はどこでこんな情報を得るのでしょうか。

このお店は、JR加古川線の小野町駅構内にあります。
すなわち駅舎の建物の中にお店がありますので、
場所は非常にわかりやすく、駅を目指せば必然的に到着いたします。
そんなわかりやすい場所なのに、私たちはさんざん迷ってようやく到着いたしました。
だって、「駅前」って雰囲気じゃなかったんだもん。

ようやく駅に到着いたしました。
最近建て替えたらしく、まだ木の香りが漂う新しい駅舎でした。
加古川線が電化されたので、それにあわせて駅舎も新しくしたのでしょうか。
改札(無人)の左側に目的の店がありました。

店内は広くなく、12〜3人で満員になりそうです。
私たちが行った時もサラッと席が埋まっており、
詰めてもらってようやく座ることができました。
そしてメニューを見て、「手打ちそば(かきあげそば)」と「ざるそば」
それに季節限定メニューの「おろしそば」を注文しました。

まず「ざるそば」がやってきました。
このお店は、地元の「きすみの地区営農組合加工グループ」が運営されています。
職人が「極めよう!」という意識で始めたお店ではないので、
「たいしたことないやろ・・・」とタカをくくっていたのですが、
出てきた蕎麦は麺が細くてシュッとしており、エッジもきれいに立っていました。
これは美味しそうです!
食べてみると、やはり美味い!
適度なコシにエッジが立った細い麺ですので食感が軽く、
またノド越しも良いので、とても美味しい蕎麦でした。
ただそばツユが「田舎の食堂風」のツユで、好みではない人もいらっしゃるでしょうね。

次は「おろしそば」です。
麺はさきほどの「ざるそば」と同じだと思いますが、
その上に大根おろしと薬味とダシをかけて食べる、いわゆる「ぶっかけスタイル」
この大根は強烈な辛さはないのですが、これも安心して食べられる
美味しいおそばでしたよ。

最後に「手打ちそば」です。
かきあげ天が乗っており、ちょっと嬉しくなりました。
これも多分同じ麺を使用していると思われますので、
温かいそばにすると、コシはほとんど残りません。
しかし食感は相変わらず軽いので、ツルツルと食べられました。
ダシがこれも「昔の食堂」の味がしますので、懐かしい味でした。

食べている間にも、地元のお客さんらしき人が次々と入ってきます。
お店の人とも顔なじみのようなので、談笑していました。
中には巻き寿司を買って、家で食べる人もいらっしゃいます。
しかし遠方から来るお客さんやハイカーのような服装のお客さんも多く、
バライティーに富んだ客層でした。
だから万人ウケするような麺にしたワケではないでしょうが、
地元のお年寄りから遠方からわざわざ食べに来るお客さんまで、
多くの人が満足してお店を後にできる、
そんなお店でした。

2005年8月27日 訪問

主なメニュー
手打ちそば ¥550
ざるそば ¥550
日替わりそば定食 ¥700
おろしそば(季節限定) ¥600
巻きずし ¥380
いなりずし ¥200
兵庫のそば
TOPへ
(C) 2004 Wakky★T-Works. All rights reserved.
inserted by FC2 system