手打ち讃岐うどん 扇矢 (高羽店)
写真をクリックすると画像がアップになります。メニューや麺の特徴がよくわかると思います。

住  所
神戸市灘区高羽町5丁目5−22 ハリウッドハイツ1F
電  話
(078)841−5374
営 業 時 間
11:00〜21:30
定 休 日
月曜日 第3火曜日(?)
駐 車 場
あり
ホームページ
なし
神戸市在住とはいえ、三宮から東となると用事もほとんどなく、
したがって行く機会も少ないのです。
むしろ但馬や丹波へ行く機会の方が多いかもしれません。
しかし食べ歩きをやっているとそんな事も言ってられなくなりました。
ここらへんはあまり詳しくない上に、美味しそうなお店がたくさんあるからです。
そこで今回は【扇矢】さんへ行くことにいたしました。

店には11:40頃に到着しました。
駐車場がわかりづらかったので、店の人に尋ねて駐車し
店内に入ります。
休日のお昼ごはんというと、せっかくだからゆっくり寝てお昼も遅めに・・・と
この時間帯に食事をする人が少ないのですが、すでに席はサラッと埋まっています。
私たちは角っこの席に座り、メニューを見ました。
壁の張り紙を見ると、釜あげうどんのつけダシが、熱いor冷たいのから選べるようです。
これは珍しい!と、「釜あげうどんのダシは冷」はすんなり決定。
しかし「生じょうゆ」や「ぶっかけ」などの讃岐うどんの定番メニューが見当たりません。
店員さんに尋ねてみると、他店でいう「ぶっかけ」は「田舎うどん」が近いとのこと。
「じゃ、それ下さい。」とお願いし、それと「ハイカラうどん」の3つを注文いたしました。
店員さんは、「えー、うどん3つで良いんですよね?」と念を押していました。

メニュー等を撮影していると、まず「ハイカラうどん」が出てきました。
予想していたより早く出てきたので、ちょっと慌てます。
器はちょっと小さいかも?
麺を見るとちょっと透明感のある細麺でしたが、エッジはなかなかです。
食べてみると、これはやはり讃岐うどん!
麺がふやけて芯にまでダシが達しているうどんとは違い、
ピシッとしています。
おまけにこの天カス、香ばしくてサイコーに美味しいじゃありませんか!
それがダシにも良い具合にしみだしていて、美味しかった!

次は「田舎うどん」です。
玉子の黄身、かつおぶし、大根おろし、ネギ、ショウガがトッピングされていて
なかなか豪華なぶっかけうどんになっています。
麺はやはり細麺ながらエッジはピシッと立っており、なかなか美味そうです。
食べてみると、コシはそれほど強烈ではありませんでしたが、
なかなかのものです。
表面は少しフワッとしているのですが、芯はしっかりとしたコシがあり
食べごたえがあります。
麺が細いので、一度にたくさんほおばっても窒息する恐れがないのが良いですね。
ぶっかけダシは少し甘く感じましたが、大根がピリリとするので
美味しく食べられました。

最後に「釜あげうどん」が来ました。
これはだいぶ待たされたことから考えると、注文を受けてから茹でたのでしょうか?
それともお店の人が気をつかってくれ、わざと時間をずらしてくれたのかな?
器の高さは結構高く、これは底までびっしりうどんが入っていたら
おそらく3玉はあるな・・・これはムリか!?と思ってお箸を入れてみたら
そこそこの深さだったので、ひと安心です。
さっそく初の「冷たいつけダシ」で食べてみました。
やはり麺は釜あげのフワフワですが、もともとコシがしっかりしている麺のためか
どちらかと言うと、ややしっかりしたうどんでした。
ダシが冷たいので最初はバフバフ食べられましたが、
最後の方には麺の熱でダシが温まってしまい、ちょっと残念・・・
最初から熱いダシの方が良いかもしれませんね。

店には「桶うどん」なるチャレンジメニューもあります。
達成者は店内に木の札に名前を書いてもらって掲示されるようですが
それほど成功者はいない様子です。
そらそうでしょう。
男性はうどん8玉、女性は6玉を30分以内に食べ終えるルールですが
8玉ですよ!8玉。
失敗すると¥2000(女性は¥1800)の料金を支払うハメになるみたいですね。
大食い自慢の方、いかがでしょうか?
(美味しいから大丈夫かも?)

2005年9月24日 訪問
主なメニュー
きつねうどん ¥500
おろしうどん ¥570
ざるうどん(夏季のみ) ¥600
田舎うどん(夏季のみ) ¥700
釜あげうどん ¥620
天ぷらうどん ¥830
横綱うどん ¥880
桶うどん(30分で完食したら無料) ¥2000
麺の大盛りは¥100UP
兵庫のうどん
TOPへ
(C) 2004 Wakky★T-Works. All rights reserved.
inserted by FC2 system