信州手打ち蕎麦処 二八
写真をクリックすると画像がアップになります。メニューや麺の特徴がよくわかると思います。

住  所
赤穂市西有年348
電  話
(0791)49−3656
営 業 時 間
11:00〜14:00
定 休 日
月曜 火曜 水曜
駐 車 場
あり
ホームページ
あり
赤穂浪士で有名な赤穂市といえば県最西部にある都市で、
瀬戸内海に面したという位置を活用し、
最近では牡蠣等の海産物で有名になっていますね。
観光客も多く訪れているようです。
しかし今回訪れたお店は赤穂市街地にはなく、有年(うね)という場所にあります。
市街地からは10キロほど離れているでしょうか。
国道250号線ではなく、2号線に近い位置にあります。
そんなお店へ今回行ってみました。

国道2号線から県道90号線へ入り、橋を渡ります。
するとそこに看板を発見!
しかし看板が示す川沿いの道は細く、不安になりますが
勇気を出して進んでいくと、駐車場がありました。
そこへクルマを停め、後は徒歩で向かいます。
お店というより民家のそれのような玄関を入り、席へと案内されました。
椅子に腰かけ、メニューを見て「ざるそばセットの大盛り」(¥1000+¥250)と
「地獄おろし」をオーダーいたしました。

まずは「ざるそばセット」です。
ざるそばにかき揚げ、そして「笹ずし」なるものが2個付いています。
お店のメニューによると、長野県飯山市富倉地区の郷土料理らしいのです。
ここのご主人は長野でペンションを30年ほど経営された後、
老後の楽しみでこの地にそば屋を開いたのだとか。
さて肝心の蕎麦ですが、丁寧な仕事ぶりがわかるきれいな二八蕎麦。
さっそく食べてみると、美味い〜♪
コシはそれほど強くありませんが、
こういう田園地帯ではその方が肩肘張らずに食べられるので、良いのかもしれません。
またご主人の温かい心からも、そういう蕎麦を目指していないのでしょうか。
「まぁそんなにツッパらずに、のんびりいこうや」
という感じの、心が癒される蕎麦でした。

さて、嫁の「地獄おろし」です。
なかなかすごいネーミングですが、出てきた蕎麦に乗っている大根おろしの量…
ハンパではありません!
かつおぶしの量も多いし。
ぶっかけの要領でダシをザバッとかけ、ぐるりとかき回してから食べてみると
これがもう笑えるくらいの辛さ!(笑)
これほど強烈なおろしそばは初めてだと思います。
でも好きなのでバフバフ食べていると、お店の奥さんが
「辛くないですか?」と尋ねてくれました。
「大丈夫ですよ。好きですから。」と答えると、
なんと土がついた大根を「持って帰って」と持たせてくれました。
美味しかった〜♪

最後にそば湯が出てきますが、これはサラッとしたタイプでした。
定休日が月曜〜水曜と多いので気になって尋ねてみると
「畑仕事せなあかんから。」だそうです。(笑)
いや〜、素朴で感じの良いお店でした。
駐車場に停めてあるクルマのナンバーを見ると、
結構遠方から来られているようです。

2007年1月28日 訪問

主なメニュー
 ざるそば ¥700
 かけそば  ¥700
 地獄おろし ¥950
 かき揚げ付きざるそば ¥950
 ざるそばセット ¥1000
 山かけそば ¥950
 にしんそば ¥1150
 鴨せいろ ¥1150
兵庫のそば
TOPへ
(C) 2004 Wakky★T-Works. All rights reserved.
inserted by FC2 system