なかにしうどん
写真をクリックすると画像がアップになります。メニューや麺の特徴がよくわかると思います。
住  所  高松市鹿角町899−3
電  話  (087)885−1568
営業時間  5:30〜16:00
定 休 日  日曜日
駐 車 場  あり
U R L  あり

この日のラストに選んだのは、高松にある【なかにし】さん。
このお店は早朝から開いているお店として有名で、
早朝フェリーで高松に着いたら、まずはここで…という人も多いのではないでしょうか。
残念ながら私はそのフェリーで高松に渡ったことはないのですが、
いずれは…と思っています。
あまりにも有名なこの看板は
遠くからでもよく目立ちます。
お店の外観は普通のたたずまい。 お店に入るとまず丼を取ります。
取った丼の大きさで
うどんの玉数が決まります。
季節的にそろそろ食べられなくなるんじゃないかな?と思って「しっぽく」をオーダー。
器にうどんを入れてくれたのはいいのですが、「あそこで暖めてきて」とのこと。
自分でうどんを湯がいてからダシや具をかけてくれるシステムだったのでした。

「しっぽくうどん 小」

前回も感じたんですが、ここは具もダシも
そして麺も美味しい! (^^)
見た目ダシの色は薄く、「味ついてんのか?」
と思うかもしれませんが
これが意外としっかりついている上に
野菜の甘さが出てるんでしょうねぇ。
めちゃウマ!

「ひやあつ」

やはり麺を味わうにはコレかな…と。
こちらも少なくなってきた(ように思う)太い麺。
ガツン&ズシッとくる麺で、実に食べ応えあり!
でも飽きずに最後まで美味しく食べられます。
(^^)
温かい麺が好みなら自分で湯がくこともでき、
好みのうどんを食べられるのが嬉しいっす♪
先述いたしましたが、ここは5:30オープンという
関西人には考えられない讃岐文化の奥深さを感じるお店。
しかも早朝から行列することもあるらしい… (゚o゚)
いつかその「普段着の讃岐うどん」を見てみたいな…と思いながらお店を後にしました。
(^^)

2009年2月28日 訪問 2回目
巡礼
TOPへ
第21回
巡礼へ
(C) 2004 Wakky★T-Works. All rights reserved.
inserted by FC2 system