長田うどん
写真をクリックすると画像がアップになります。メニューや麺の特徴がよくわかると思います。

この画像は拡大いたしません (^^;)
住  所  仲多度郡まんのう町吉野1290−1
電  話  (0877)79−2171
営業時間  10:00〜17:30 (水曜のみ〜16:00)
定 休 日  木曜日
駐 車 場  あり
U R L  あり

この日の3軒目は、満濃にある【長田うどん】です。
「どうしてもここの冷やしが食べたい!」とおっしゃる方がいらっしゃいまして…
釜あげうどんで有名なこのお店で「冷やし」とは、なかなか通ですね。
渋いです。 (^^)
お店の外観。 メニューは釜あげor冷やしの2種類のみ。 ダシが入った徳利。
自分で猪口へ注ぎます。
私は約3年半ぶりの訪問、久しぶりです。(^^)
しかし大人気ですねー。
駐車場に入るのにもひと苦労いりますが、なんとか店内へ♪
まずレジへ向かってオーダー、代金を支払います。
そして木の札をもらって席で待っていると、番号を呼ばれるorお店の方が持ってきてくれるシステムのようでした。

「釜あげ」と「冷やし」の2種類をオーダー。
右が「釜あげ」で左が「冷やし」
並べてみるとうどんの違いが明確ですね。
(特にエッジの立ち具合)
ここでは徳利に入ったダシを自分で注ぐのですが、これが慣れないと
なかなか難しいのです。(^^)
持ち上げるには重過ぎるし、徳利自体もかなり熱いし…
かなり苦労されてた方もいらっしゃいましたが(笑)、そこはなんとか…
みなさんも苦労してください(笑)


これは「冷やし」ですね。
ここはいわゆる「つけ麺」スタイルのみのメニュー構成なんですが
なんとこのメニューのみで約50年営業されてるんですから、
おいしくないハズがありません!
しかも釜からあがった麺を何の細工もせずにツユにつけて食べるだけ。
小細工も何もできない、まさに「うどんの味で勝負!」ですね (^^)
これが実際に美味しいから頭が下がります。
麺も美味しいしダシも美味しい♪

ここのつけダシは本当に美味しく、うどんが出来るまでの間にチビチビ飲んでしまいます。
つーか、うどんが来た頃にはダシを飲んでしまってて…(笑)また新たに注ぎなおしましたがな。
「ここの冷やしがどうしても食べたい!」とおっしゃった方の気持ちもわかりますね。(^^)

2009年4月11日 訪問 2回目
巡礼
TOPへ
次へ
(C) 2004 Wakky★T-Works. All rights reserved.
inserted by FC2 system