高校生時代〜独身時代はよく来た板宿ですが、震災後はめったに
来なくなってしまいました。
(山陽電車の線路が地下に潜って、ずいぶん変わったなぁ・・・。)
そんな板宿にもうどん屋さんが出来たらしいのですが、
popさんとじょーさんが掲示板でこの店のことに触れておりましたので、
話題に遅れまい・・・と訪問を決意いたしました。

近くの有料駐車場にクルマを停め、11:30頃に店に着きました。
1番乗りかな?と思っていたのですが、なんと先客は3組13人!
う〜ん、店の外にもベンチが置いてあることから察すると、
行列ができるのかな?
さっそく店内に入ります。
この店は玄関で靴を脱ぐのですが、こんな店は珍しいですね。
(穴の開いてない靴下を履いて行きましょう!)
店内はオシャレな居酒屋風で掘りごたつのようになっていますが、
足元に暖房はありません。
しかし最近オープンしたうどん屋さん、オシャレな店が多いですね。
うどんがブームだからなのでしょうかね?

初めて訪れる店では麺の特徴を見極める為、「釜あげ」、「生しょうゆ」
もしくは「ざる」、「かけ」の3種類を食べ比べてみることが多いですが、
一応メニューに目を通します。
すると「酢醤油うどん」という見慣れないメニューがあるぞ。
どんなんかわからんけど、これ食べよう!
あとは「釜あげ」と「ぶっかけ(温)」を注文いたしました。

待つこと10数分、まず「釜あげ」が来ました。
たらいに入っていて、まずまずの雰囲気です。
食べてみると表面はふわふわなのですが、麺の中心はしっかりと
していました。
ダシも比較的濃い味で、私好みの味です。
うん、美味しいぞ!

次は「酢醤油うどん」が来ました。
醤油のかわりに酢醤油をかけて食べる他は生醤油うどんとあまり
変わらないのですが、神戸で酢醤油をかけるうどんは初めてです。
食べてみると強烈なコシではなく、比較的優しい麺でした。
ただ久しぶりに酢醤油で食べるうどんは、あの【谷川米穀店】を
思い出しました。
これで青唐辛子があったらサイコーなんだけどなぁ・・・

最後は「ぶっかけ(温)」です。
ダシが少し甘辛いのですが、これはこの店全般に言えることで、
【こと平】の特徴なのかな?と思います。
これも麺は表面はふわふわ、中はしっかり・・・ということから、
敢えてこういう茹で加減をしていると思われます。

あと「釜たま」や「かけ系」のうどんも食べてみたかったなぁ・・・

食べている間、地元の人らしい人が大勢やってきます。
こんなに流行っているとは驚きでした。

2005年1月10日 訪問
住  所
神戸市須磨区飛松町3−3−8 メゾン板宿103
電  話
(078)733−8717
営 業 時 間
11:30〜15:30 17:30〜22:30
定 休 日
第1・第3火曜日
駐 車 場
なし
URL
なし
釜出しうどん こと平
主なメニュー
かけうどん ¥550
生醤油うどん ¥580
ぶっかけうどん ¥650
ざるうどん ¥680
釜あげうどん ¥680
釜玉うどん ¥650
酢醤油うどん ¥630
麺の大盛りは+¥200
兵庫うどん
TOP
(C) 2004 Wakky★T-Works. All rights reserved.
inserted by FC2 system