手打うどん 一心(和田山本店)
写真をクリックすると画像がアップになります。メニューや麺の特徴がよくわかると思います。

住  所
朝来市和田山町高田18
電  話
(0796)72−4916
営 業 時 間
11:30〜19:30
定 休 日
水曜日
駐 車 場
あり
ホームページ
なし
その日は会社のとっても偉いT田さんと県内日帰り出張でした。
早朝に神戸を発ち、西脇と丹波で一仕事終えてから豊岡へ向かう予定です。
その道中、和田山あたりでお昼時になりましたので、「メシでも食うか〜。」となり
国道9号線沿いの【一心】でうどんを食べることになりました。
場所は和田山町と養父市の市町の境から、100mほど和田山町に入った所です。

座敷に陣取り、メニューを見ます。
うどん単品の他に定食のメニューも豊富にありました。
しかし竹田のお店(支店)には、そばのメニューもあったハズなんですが、
ここでは見当たりませんでした。
またT田さんはうどん・そばマニアではなく、普通の人(ただし偉い)なので、
2人で3つ作戦というおバカな作戦も使用できません。
さて何にするか困りました。
やっぱり麺のコシを知るなら冷たい系のうどんだし、でも釜あげも食べたいし・・・
と悩んでいるとT田さんが、
「ワシ、天ぷらうどんとおにぎりもらおうか。アンタもそれにせい。」
と注文していましたので、その言葉に従うことにいたしました。
やっぱり偉い人は天ぷらうどんなんや〜。
「かけ」(この店では「すうどん」と言う)とか「はいから」とかは注文しないんだ・・・
と当たり前のことを改めて感じていました。

しばらくしてうどんが来ました。
見た目からもわかる通り、この店は讃岐うどんの店ではありません。
田舎のうどんって感じです。
大将が奥でせっせと真面目にうどんを打っているそうです。
ですから温かいうどんながらエッジもそこそこ立っています。
これが冷たいうどんなら、ピシッと立っているんでしょうね。
麺の太さも不ぞろいで、本当に手打ちのうどんなんだなぁと感じました。
食べてみますと、表面の食感はフワッとしているのですが、
芯の方にはコシがしっかりと残っており、これは美味い!
ダシが少し濃い味付けなのですが、麺がこのダシの味を吸って
更に美味しく感じます。
もちろん天ぷらも揚げたての熱々が乗っており、これも美味い!
最近、うどんと言えば讃岐うどんばかり食べていた私ですが、
久しぶりの「普通のうどん」(大阪うどん?)がとても美味しかったです。

但馬地域のうどん・そばに言える(と私は思っている)のですが、
本当になんでもない、普通の麺が何故こんなに美味しいのだろう?
もちろん美味しいものを提供する努力はされているのでしょうけど
そんなに力が入ってないって言うか、
讃岐うどん界で言う、「ばあちゃん系のうどん」に近いものがあると思います。
麺はシューッのビシッ!ではありません。
ダシもそう・・・
でも何故かホッとする、心が安らぐうどん屋さんやそば屋さんが多いと思います。

少し前、T田さんに「実はうどん・そばのHPを作成してまして・・・」と白状いたしました。
この【一心】でも写真撮影の許可を得たのですが、
T田さん、私のカメラを「ちょっとそのカメラ見せてくれ。」と取り上げて、
なんと自分で店内の様子を撮影されていました。
下から2番目、店内で他のお客が食事をしている様子を撮影したのが、それです。
T田さん、敬意を表してここに採用させていただきました。(笑)

2005年3月24日 訪問
主なメニュー
すうどん(かけうどんのこと) ¥500
はいからうどん ¥500
きつねうどん ¥650
釜あげうどん ¥650
ざるうどん ¥650
冷やしうどん ¥650
麺大盛りは¥250アップ
定食類も豊富にあります。
兵庫のうどん
TOPへ
(C) 2004 Wakky★T-Works. All rights reserved.
inserted by FC2 system