手打ちそば 一鶴
写真をクリックすると画像がアップになります。メニューや麺の特徴がよくわかると思います。

住  所
豊岡市出石町福住字上清水191−1
電  話
(0796)52−6655 
営 業 時 間
10:30〜19:00 (18:00以降は要予約)
定 休 日
不定休
駐 車 場
あり
ホームページ
あり
出石(いずし)町は現在豊岡市となってしまいましたが、
出石といえば出石そばで有名ですよね。
それほど広くない町の中心部に、約50軒ほどのそば屋さんがあるようです。
しかし今回訪れた【一鶴】さんは町の中心部から少し離れた場所にあり
観光客もそれほど多くない場所にお店を構えられています。
一見の観光客が「ここでええか。」と入るような場所ではないように思います。
すなわちこのお店に入るということは、
ほとんどの方がこのお店を目指して来られてるということだと考えられます。
私たちもこのお店を目指してみました。

お店は容易に発見できました。
到着したのは、12時を少しまわった頃だったでしょうか。
お店に入ると正面に麺打ち場が見え、お店の中央には民芸品が展示されています。
店内は意外に広く、いったい何人入れるのか見ただけでは見当もつきません。
私たちは座敷へと案内され、ゆったりとくつろぐことができました。

オーダーしたのは一鶴そば(十割そば)を2人前と鶴見そば(普通の皿そば)2人前です。
(3人で訪問)
この十割そばは要予約とのことですので、前日に電話で予約していたのでした。

まず「一鶴そば」が出てきました。
皿そばなのかな?と思っていたのですが、普通の盛りそば風に盛られていました。
蕎麦を見るとうっすらと緑色をしていますね。
これは新鮮な証です。
食べてみると、香りは素晴らしくコシはしっかりとあります。
十割そばはパサパサとかポソポソしがちなのですが
これはしっかりとした蕎麦なんです。
これは美味い!

次は「鶴見そば」です。
これは一般的な出石そば風に盛られてきました。
しかし麺は出石特有の平べったい麺ではなく、断面は正方形に近いですね。
これも香りが良く、しっかりとした蕎麦でした。
ダシがもう少し辛めだったら私の好みなのですが、
大勢のお客さんが来られる地域ですので、これで良いかもしれません。
いや〜、美味いそばが食べられて幸せです。

よく「観光地に美味いもの無し」と言われますが
ここ出石の蕎麦は相対的にレベルが高く、
どこのお店に入ってもまず満足されると思います。
その中でもこの【一鶴】さんはトップレベルの美味しさではないでしょうか。
これからも美味しい蕎麦を打ち続けてほしいものです。

2006年5月4日 訪問

主なメニュー
鶴見そば(皿そば) ¥820
追加1枚 ¥130
一鶴そば(十割そば)(要予約) ¥1000
大黒そば(太打ち田舎)(限定) ¥800
にしんそば ¥900
兵庫のそば
TOPへ
(C) 2004 Wakky★T-Works. All rights reserved.
inserted by FC2 system