蕎麦匠庵 一花
写真をクリックすると画像がアップになります。メニューや麺の特徴がよくわかると思います。

住  所
西宮市樋之池町21−29 ハリマハイツ102
電  話
(0798)73−2513
営 業 時 間
11:00〜21:00
定 休 日
水曜日
駐 車 場
近所に2台分有
ホームページ
あり
注:現在は稲庭うどんとせいろご飯のお店に変わってしまったそうです。

芦屋から西宮あたりは関西でも屈指の高級住宅街として知られています。
そんな食通を満足させるためか、はたまた六甲山の宮水のためか
このあたりには評判のおそば屋さんがたくさんあります。
そんな激戦地に、新しくそば屋さんが出来た!という情報を得た私は、
さっそく食べに行くことにいたしました。

店はマンションの1階にありました。
店の前にクルマを停められないのですが、近所に駐車場を確保していますので
そこを利用させてもらいます。

さっそく暖簾をくぐりました。
店内はあまり広くなく、全部で28席だったと思います。
メニューを見て、「三色せいろ」「おせいろ」「おろしそば」を注文します。
紹介されている雑誌等を見ると「三色せいろ」を紹介している場合が多く、
これは「おせいろ」「田舎」「変わりそば」の3種類の蕎麦がセットになった、
いわばお得なメニューと言えます。
(ただし量は半人前くらいずつ。)
まず「おせいろ」が出てきました。
「三色せいろ」の最初の一品目のそばと、普通に注文した分です。
麺は極細でシューッとしています。
粒々はあまり見えませんが、良い香りがしました。
さっそく食べてみますと・・・

うん、結構コシがあります。
麺が細くてノド越しが良く、ツルツルと食べられます。
アッという間に食べ終えてしまいました。
とても上品な蕎麦でした。

次は「変わりそば」(三色せいろの二品目)です。
更科粉に季節にマッチしたものを混ぜて蕎麦を打つのだそうで、
この日は「抹茶」を練りこんだものでした。
食べてみるとお茶の香りが控えめで、しかしちゃんと「茶そば」していて
お茶が蕎麦の邪魔をしていないって言うか、これも上品だなぁ。
麺に透明感もあって、綺麗な蕎麦でした。
コシは一番強かったですよ。

次は「田舎」(三色せいろの三品目)です。
注文する時に「十割ですか?」と尋ねたら、
「その日の粉の状態によって変えています。」とのことで、
この日は9割だそうです。
食べて見ると、これもコシが強いので驚きました。
もっとパサパサしているのかなぁ?と勝手に想像していたのです。
良い意味で裏切られました。
うん、これも美味しいぞ!

最後に「おろしそば」が来ました。
写真に映っているピンク色の物体は、カツオ節です。
ここにそばつゆをぶっかけて食べるのですが、油断してました。
大根が辛い辛い・・・
いや〜この辛味大根、強烈で美味いです!
美味い!

最後にそば湯が出てきましたが、これが絶品!
ドロッとしたポタージュ系のそば湯で、香りも素晴らしいです。
そばツユは私はもう少し辛い方が良いな〜と思っていたのですが
そば湯を入れたらちょうど良い濃さになりました。
いや〜、美味い。

全般的には控えめで上品な味でしたが、しっかりした蕎麦で美味しかったです。
私たちが食べている間に、次々とお客さんが入ってきて
アッという間に満席になりました。
地元でも人気のお店のようです。
またメニューの写真には載っていませんが、「かけそば」などの
温かい蕎麦もありますので、冬の寒い時期にも安心して行けそうです。

2005年5月21日 訪問
主なメニュー
おせいろ ¥850
かけ ¥850
田舎 ¥850
三色せいろ ¥1050
おろしそば ¥1100
鴨せいろ ¥1650
兵庫のそば
TOPへ
(C) 2004 Wakky★T-Works. All rights reserved.
inserted by FC2 system