うどん 一福
今回はハードディスクがぶっ飛んで写真データが無くなってしまいましたので、写真をクリックしても拡大いたしませんがご了承ください。みなさんもバックアップは取っておきましょう(苦笑)

住  所
高松市国分寺町新居169−1
電  話
(087)874−5088
営 業 時 間
11:00〜14:00
定 休 日
火曜日
駐 車 場
あり
ホームページ
なし
さて【清水屋】で美味いうどんを食べた私たちは、少し休憩することにいたしました。
【JA産直桃直売所】 で桃のシャーベットやアイスクリームを食べたんですが、これがまた美味い!
お腹もそこそこ膨らんでいたのですが、冷たいものを食べるとスッキリしますね。

そして今日の4軒目、前回フラレた【一福】を目指します。
時間は13時頃だったでしょうか、今日は絶対開いているハズ…と思って行ったら営業時間には楽勝で間に合ったんですが
あいにくお昼時なのか駐車場がいっぱいで入れんではないか!
しばらく待ってようやくクルマを停められましたので、いざ突撃!
大将は土器町の【中村うどん】で修行されたらしいので、期待できます!

お店は普通のセルフでした。
列に並んでうどんをもらってお金を払って食べるシステムなのですが、
並んでいる時に嫁が「ピリ辛つけ麺」(¥400)なるものがメニューにあるのを発見!
しかも1日10食限定!
これはオーダーせねばなりません(笑)。


限定モノに非常に弱い我々夫婦、今まで何度か限定モノを購入いたしましたがこれはヒット!
四川風ピリ辛のつけダシが食欲をそそります。
おそらくこのつけダシをたくさん作らないので限定なんでしょうね。(麺はなんぼでも作れますからね)
しかしこの麺はどうよ。
少し細めでねじれが加わった独特の麺は、【なかむら】の系統だと思うんですが
食べてみてそれがなおはっきりいたしました。
そう、あの「グミ系」うどんだったんです!
こりゃ美味い!


私は今日食べていなかった「しょうゆうどん」(¥200)にいたします。
やはり麺だけで勝負したかったんです。
だし醤油の色が薄くてかかっているのかどうかわからないくらいでしたが、
味はしっかりしているんです。
グルッとかき混ぜて食べてみると、これは絶品!
もちろんグミ系のグニュ、ビヨ〜ンのコシでしたが、+うどんのピチピチ感ってとこでしょうか。
今回の巡礼で一番美味しかったという方も多くいらっしゃいましたが、異論なし!

大将に「前来た時には営業時間に間に合わなかった。」と言ったら、
「ああ、ホームページをやってらっしゃる方ですか?」と尋ねられた方もいらっしゃいましたね(笑)。


2007年7月14日 訪問
巡礼
TOPへ
次へ
(C) 2004 Wakky★T-Works. All rights reserved.
inserted by FC2 system