今回紹介する【播磨屋本店】、知っている人も多いとは思いますが
実はお煎餅屋さん(おかき)が本業なのです。
またこのお煎餅が、とっても美味しい!
ちょっと高級できれいな箱に入っているものですから、
どこかへ行く際の手土産にはもってこいのお煎餅なのです。
私もついつい前を通ったら、必ずお煎餅を買ってしまいます。
(神戸でも買えるのですが、ここ総本店は雰囲気が素晴らしい)

さてそのお煎餅屋さんの敷地の中に、レストランがありまして、
わらぶき屋根で昔の民家のような、まるで江戸時代へタイムスリップ
したような情緒あふれる建物なのです。
元来がお煎餅屋さんなのでやはり「米」を使ったお餅系の食べ物が
メインなのですが、その中で「本手打ち銀山そば」というのがあります。
(名前の由来は、生野町はかつて「生野銀山」で栄えたのです。)
今回はその「銀山そば」をご紹介しようと思います。

駐車場にクルマを停め、お煎餅の販売所を右手に見ながら
レストランの戸を開けると、薄暗い店内で囲炉裏が目をひきます。
席に案内され、「本手打ち銀山そば」を注文すると、ほどなくそばが
運ばれてきました。
そばの色は黒い目で、麺の中に粒々が見えないタイプ。
しかし角はしっかり立っており、香りも素晴らしいです。
田舎の真面目に打ったそばという印象です。
さっそく食べてみましょう。

「ズルッ・・・。」

う、美味い!
実はあんまりって言うか、ほとんど期待していなかったのですが、
お煎餅屋のそばがこれほど美味しいとは!
コシはそんなに強烈ではありませんが、10割そばらしい色・香りで
本当に田舎の素朴なそばだと思います。
つゆも甘からず辛からずで、私にはちょうど良い濃さでした。
このそばに限らず播磨屋の好きなところは、メインの他に何か付いて
いることです。
たとえばこの「銀山そば」にはメロンが付いていたり、
コーヒーにはあべかわ餅が付いていたりと、プラスアルファのサービス
が本当に嬉しく思います。
(当然料金には含まれているのでしょうが・・・)
また食べるものではありませんが、そばの下に敷いてある葉っぱが
本物だったり、一輪挿しの花も造花ではなく本物だったり、
灰皿が竹を切っただけだったり、昔のまま・・・が妙に癒されます。
余談ですが、ここの「但馬風白味噌ぞうに」は本当に美味しい!
行かれた際は銀山そばも美味しいですが、白味噌ぞうにも食べる
ことをお勧めいたします。
2人で行かれた場合、銀山そば2人前に白味噌ぞうに1人前で
お腹いっぱいになると思います。
また昼食時でない場合も、喫茶店がわりに休憩されるのも良いでしょう。
私も豊岡や城崎からの帰り道、行程から考えるとほぼ中間になる
ことから、休憩によく利用してコーヒーを飲んだりしています。
お煎餅も美味しいですから、ぜひ帰り際に買いましょう!

訪問回数 多数
住  所
朝来市生野町円山字京田30
電  話
(0796)79−4565
営 業 時 間
10:00 〜 18:00
定 休 日
無休
駐 車 場
あり
URL
あり
日本一おかき処 播磨屋本店
主なメニュー
本手打ち銀山そば ¥1050
大福ぜんざい ¥1050
但馬風白味噌ぞうに ¥1050
丹波黒豆入りおこわ ¥1050
万福あずきがゆ ¥1050
炭焼きコーヒーセット ¥525
お薄セット ¥525
ぼたもちセット ¥525
そば
TOP
(C) 2004 Wakky★T-Works. All rights reserved.
inserted by FC2 system