これまたコープ神戸の雑誌、「ステーション」で知ったそば屋さんです。
自分では「そば通」のつもりでしたが、こうやって雑誌で紹介されないと
情報が入らないことに多少の自己嫌悪に陥り、
「リベンジじゃ!」と早々に訪問したのでありました。
(たまには行動が素早い時もあるんです。)
本音は雑誌で見たそばがむちゃくちゃ美味しそうだった!
それだけなんですが・・・。

さっそく場所を調べると、あれ?この道はよく通るぞ。
三田市役所とか能勢へクワガタ採りに行く際に前を通っています。
でもそば屋らしき店の記憶はないけどなぁ・・・。
ま、行ってみましょう!ということで家を出発、
あっけなく到着いたしました。
でも、これはそば屋とはわからん、普通のアパートに見えちゃいます。
玄関には和紙に書かれたメニューと営業時間が置いてありました。
私は雰囲気にすぐ左右されるので、それを見ただけでちょっと
嬉しかったりしたのですが、薄暗い店内は高そうな木のテーブル等
さらに「美味しそうな店」のオーラが出ています。
ただしテーブルの数はかなり少ないです。4つくらいだったかな?
メニューと共にそば茶とそばを揚げたお菓子みたいなのが出てきて、
何にするか悩みます。
ま、ここは無難にノーマルの「せいろ」で評価してみましょう。
(ただし小食の私は大盛り。←どこが小食なんや!)
ちなみにメニューはせいろ系のみで、かけとかはありません。

しばらくして注文したそばが来ました。
おおっ!写真で見たそばや!(当たり前!)
麺は細いです。粒々もあまり見えませんが、良い香りがします。
そしてネギが白い!(白いのは初めてだった。)
視覚的に見ても、高級そうな雰囲気が漂ってきました。
さっそく食べてみましょう!

「ズルズル・・・・。」

おおっ!これは美味い!
コシは細いながらも結構あります。
私が食べ比べた中では、結構強い方です。
そばつゆはちょっと濃い味ですが、それも美味しく思いました。
なかなか上品ながらインパクトの強いそばです。
アッという間にぺろっと食べてしまいました。
いや〜、美味しかった。
でも量は少ないめ、大盛りでちょうど良いかも?

店のたたずまい、店員の応対、そばの見た目・・・
すべてが上品で控え目ですが、味はなかなかどうして!
味はしっかり強調されています。
ええ店見つけたー!
でも、店の名前がいまだに読めません。
「蕎花村」は、なんて読むのだろう?
それと「はくつき」なのかなぁ?「はくげつ」なのかな?

2004年7月26日 以降3回訪問
住  所
三田市南が丘1丁目52−8
電  話
(0795)59−6700
営 業 時 間
11:30〜14:30  土日祝は17:30〜19:30も営業 
麺が売切れたら終了
定 休 日
月曜日
駐 車 場
店の前に3台
URL
なし
蕎花村   はく月
主なメニュー
せいろ ¥800
おろしそば ¥1050
天おろしそば ¥1300
つけとろ ¥1200
鴨せいろ ¥1400
天ぷらせいろ ¥1600
麦とろせいろ ¥1200
大盛りは¥400UP
そば
TOP
(C) 2004 Wakky★T-Works. All rights reserved.
inserted by FC2 system