うどん専門店 製麺所 八間蔵
写真をクリックすると画像がアップになります。メニューや麺の特徴がよくわかると思います。

住  所
神戸市北区山田町中字大沢6−6
電  話
(078)582−1832
営 業 時 間
11:00〜21:00(売り切れ次第終了)
定 休 日
火曜日(祝日の場合は翌日)
駐 車 場
あり
ホームページ
なし
私の自宅からほど近い店です。
がしかし、しばらくの間足が遠のいておりました。
理由は以前私のホームページをご覧いただいた方はご存知だと思いますが、
「釜たまうどん」を頼んだのに、「湯だめたまごかけ うどん」が出てきたからです。
「釜たま」、正式名称は「釜あげたまごうどん」なのですが、
釜あげというからには、麺を釜から茹で上がったらそのまま卵をかけて出すべきです。
一度水で締めて再び温めた麺は「釜あげ」ではなく、「湯だめ」になります。
以前頼んだ「釜たま」は、その湯だめにとき卵をかけただけのとってもまずいうどんでした。

あれから1年半、【八間蔵】は大人気で、行列も出来ているようです。
美味しくなったのかなぁ?
気になって仕方ありません。
おりしも【八間蔵】のうどんが変わったという情報を得まして、
さらに【神戸市北区鈴蘭台総合サイト】の北区内業種別施設一覧の「うどん・そば」の
ページに私の【いけや食堂】と【八間蔵】のページが掲載されているという事実を知り、
これはいい加減な事を書いたらアカンなぁ・・・と再度訪問して客観的事実を書こう!
と久しぶりに訪れることにいたしました。
本当は【一孝庵】でそばを食べたかったんだけどなぁ・・・。

店には13:00頃到着しました。
すごいお客さんの数で、駐車場にクルマを停めるのも一苦労です。
店に入っても順番待ちができており、名前を書いて順番を待ちました。
10分ほど待ったでしょうか、ようやく名前を呼ばれて席に案内されました。
前回の苦い経験を二度と繰り返したくない私は、「釜たま」を注文するかどうか、
とても悩みました。
思い切って注文を取りに来たバイトらしきお姉さんに尋ねてみました。
「あの〜、釜たまって、一度水で締めるんですか?」
すると、「いえ、茹で上がった熱い麺です。」という答え。
「じゃ、それ下さい。」と答え、あとは生醤油うどんと香露ぶっかけを注文しました。

しかし同じことが今度も起こりました。
すぐに「釜たま」うどんがやってきたのです。
普通「釜あげ」は注文を受けてから麺をゆでるので、どんなに早くても5分は必要。
【凡蔵】で10分強、【すずめ】なんか16分かかります。
しかしそれだけ待っても、美味しい「釜あげ」「釜たま」を食べたいのです。
10〜15分待つのは覚悟の上で「釜あげ」「釜たま」を注文するもんです。
でも、注文してからうどんがくる時間だけで「釜あげ」か「湯だめ」かを判断しては
いけません。

今日の【八間蔵】みたいにお客さんが多い場合など、釜にどんどん麺を入れて
タイミング良く茹であがった時に、「釜あげ」や「釜たま」の注文が入る場合だって
あります。
そんな時は、「釜あげ」「釜たま」がすぐに出てくることも考えられます。
しっかりと麺を見て、食べてから判断するべきです。

出てきたうどんは悪い予感が当たり、やはり湯だめのぬるい麺・・・
「釜たま」の麺は熱々なので卵が半熟になっていくのですが、
これじゃいつまでたってもシャバシャバの卵のまんまです。
もうガックリ・・・。
メニューには、「釜から上がったばかりの熱々の麺に卵をかけるため、
徐々に半熟状に・・・。」みたいなことを書いてありましたが・・・。
バイトのお姉さんはそんなに知識もないだろうからいたしかたないのでしょうが、
この店は「湯だめ」を「釜あげ」と偽ってお客に提供するのか・・・という
裏切られた思いがしました。
確かに釜あげうどんを作るのは、手間がかかることと思います。
大量の注文に対応できなくなる可能性もあります。
だったら、「釜たま」はメニューからはずし、従来の釜あげうどんは
「湯だめうどん」と正しくメニューに書くべきだと考えます。
湯だめうどんを「湯だめうどん」と記載して提供することは、
何ら恥ずかしいことではないと思います。
メニューには「うどんを新鮮な刺身の状態で出す。」とか書いているのですから。
表のちょうちんには、「うどん専門店」と書いてあるのですから。

「香露ぶっかけ」も「生醤油」もイマイチの状態で出てきましたが、
これに関しては言いません。

メニューには「皆様のご意見等をお待ちしています。」とも書いてありましたが
どこへ言うの?
スタッフにはもうちょっとだけうどんの勉強して欲しかったなぁ。
プロなんだから・・・、もうちょっとで良いんだから。
多分私は二度と行くことはないでしょう。
だいぶ辛口の批評をいたしましたが、何故そこまで言うの?という疑問には
「メニューの謳い文句と現実がかけ離れているから。」とお答えしておきます。
あれが「釜たま」だと思われたら、香川の【山越】に大変失礼です。
(青い文字をクリックしてみてください。本当の「釜たま」の写真です。
麺の熱で卵が固まっているのがわかると思います。)
【山越】ファンの私といたしましては憤りすら感じます。
【八間蔵】さんには、ぜひ「有言実行」をお願いいたしたく思います。

2005年1月23日 訪問
主なメニュー
生じょうゆ ¥550
ざる ¥500
釜あげ ¥600
釜たま ¥650
香露ぶっかけ ¥580
きつね(30食限定) ¥580
天ぷら ¥980
麺の大盛りは無料!
兵庫うどん
TOPへ
(C) 2004 Wakky★T-Works. All rights reserved.
inserted by FC2 system