自宅からほど近い場所に、美味しいうどん屋さんが出来た!と
誰から報告を受けたのか忘れてしまったくらい数多く行く店です。
遠方から来られる人、あるいは電車・バスで来られる人には
誠に気の毒な立地条件にて営業されています。
クルマで行く人、国道2号線の「東尻池」交差点(長田区東端)を
北上し、高速長田駅や長田神社を越えて、20分ほど
ただひたすら、とにかくまっすぐ走ってください。
脇目もふらずに直進です。
坂を登りきったら看板が見えてくると思います。

まだ「讃岐うどんのコシ」とは何か理解していなかった私、
(今はわかったつもりなのか?)
美味いうどん屋というだけでこの店を訪れることになりました。
おそらく開店してからまだ日が浅かったのでしょう。
当時はお客も今ほど多くなく、行列なしで食べられたのに・・・。

メニューを見て、何にするか悩みます。(毎回やな・・・。)
とりあえず「生じょうゆ」と「きつね」と、あと玉子丼か何かを注文
した記憶があります。
(その頃は今みたいにうどんばかり3つも4つも注文していなかった。)
「今からうどんを茹でますので、しばらくお時間かかります。」と言われ、
「へー、そうなんだー・・・。」くらいにしか思わなかった私も若かった。
注文を受けてからうどんを茹でる店って、真面目な良いお店なのよ。
(昔の私に向かって発言していますので、気にしないでください)

しばらく待って出てきた生じょうゆうどん、チクワの天ぷらが熱々で
美味しそう!
しょうゆをチャッとかけてスダチをしぼって、さぁ食べよう!

「ズルッ・・・うえっ!

なんじゃーこのコシの強さは!
最後の「うえっ」はあまり噛まずに飲み込もうとしたため、
のどに支えてしまったのでした。
(普段の私はほとんど噛まずに、すぐに飲み込もうとしてしまう。)
それほどコシが強かったのです。
これに懲りた私は、2口目からはちゃんと噛んで食べてみました。
「これ、すっごい美味いがな!」
讃岐うどんらしいうどんを食べたのは、初めてじゃないかな?
(過去に一度、高松で食べているが。)
それまではダシ・具が重要な大阪うどんしか知らなかった私が、
讃岐うどんって麺を味わうんだ!と、初めて知った瞬間でした。

続いてきつねうどんも来ました。
温かいうどんですが、こちらも適度なコシを残した麺が主体。
アゲもほんのり甘く、ダシもなかなか上品な味。
これ、美味い!なんぼでも食えるわー。

凡蔵で讃岐うどんの味を思い知った私たち夫婦は、
「本物の讃岐うどんは、どれくらい美味しいんだろう?」
という思いに駆られ、いずれ香川へ行く決意をします。
そうして現在の生活があるワケですが、
そういう意味では、私たちの原点になっているお店かもしれません。

訪問回数 多数
住  所
神戸市須磨区妙法寺字上の界1182−1
電  話
(078)741−9124
営 業 時 間
11:00 〜14:30  17:00 〜 21:00
定 休 日
月曜日
駐 車 場
あり
URL
なし
讃岐うどん 凡蔵
主なメニュー
 
兵庫のうどん
TOP
(C) 2004 Wakky★T-Works. All rights reserved.
あれ?メニューの写真がない・・・
また撮影してきます。
inserted by FC2 system