セルフ讃岐うどん べつばら屋
写真をクリックすると画像がアップになります。メニューや麺の特徴がよくわかると思います。

住  所
神戸市須磨区白川台3丁目60−7−207
 
グランドハイツコーワ白川台2F
電  話
(078)792−8998
営 業 時 間
11:00〜15:00 17:30〜22:30 日祝は〜21:30
定 休 日
月曜日(祝日の場合は営業)
駐 車 場
なし
ホームページ
なし
しばらく(って言っても2〜3日)うどん&そばから遠ざかっていた食生活でしたので、
この日は朝からうどんが食べたくって仕方ありませんでした。
完全な禁断症状です(笑)
そこで比較的近所の須磨区にある、【べつばら屋】へ行ってみることにいたしました。
このお店は2003年にできたらしく、まだ新しいお店のようです。

お店に到着したのは、12時ちょっと前というベストタイム。
セルフの店なので、中で迷わずに済むよう、
私たちは表のメニューで何を注文するのか考えました。
店の張り紙によると、「ぶっかけ・生じょうゆが日本一うまい店」とあります。
「ホンマかいっ!」とツッコみながらも、そこまで自信があるらしい
「生じょうゆうどん」「生姜じょうゆうどん」、そして「釜揚げ」を注文することにして
店内に入りました。

店に入り、トレイを取ってからうどんを注文します。
オプションの天ぷら類やおにぎりを小皿に取っている間にうどんが出来ます。
うどんを受け取ったら、レジで会計を済ませ、席につきました。
うどんを観察すると、麺は湯で置きだったと思われますので
麺はやや細め。エッジはそれほど強烈ではありませんが、キレイな色のうどんです。
しかし「釜揚げ」」はキチンと注文を受けてから茹でるようで、
後で席まで持ってきてくれたのは感心。
まず「生じょうゆうどん」から食べてみました。
麺は一般的に言う「讃岐うどん」からはほど遠い柔らかいコシ。
敢えてこういう麺にしたのかは不明ですが、こういううどんも食べたい日もあります。
今日の私が、まさしくそうだったのでした。
しかしコシが柔らかくとも、麺の味はしっかりしているように思います。

これは次に食べた「生姜じょうゆうどん」でも同じことが言えました。
最初は「あれ?」と思うようなうどんなのですが、
これが不思議なことにバフバフ食べられてしまうのです。
麺の味がしっかりしているせいなのでしょうか?

最後に「釜揚げ」を食べてみます。
ダシもちょっと濃いめの私好み。
うどんも熱々で、さすがに茹であがったばかりの麺でした。
うん、美味い!

店にあった看板を見ると、
「一般的な讃岐麺に比べ、弾力の強さを2.5倍にすることに成功いたしました。
そのためゆで時間も2.5倍(約20分)ゆでないとかたくて麺のうまみがでません。
低温で一般麺の10倍以上の日数をかけて熟成させているため、
麺がキメ細かく、ツルツルして甘みがあります。」
と書いてありました。
だから敢えてこういう麺にしてあるのかな?と思いました。
コシのある硬いうどんが好きな人には「?」と思えるうどんですが、
私はこれはこれで美味しいと思いました。
俗に言う「讃岐うどん」の麺とはちょっと違うと思われるかもしれませんが、
讃岐うどんでも柔らかいコシのお店もありますよね。
このお店はこういううどんが食べたくなったとき時、
もしくはこういううどんが好きな人にはもってこい!だと思います。

2005年7月18日 訪問
主なメニュー
ざるうどん(中) ¥370
ぶっかけうどん(中) ¥370
生じょうゆうどん(中) ¥370
釜揚げ(中) ¥370
釜玉(中) ¥370
かけ(中) ¥220
きつねうどん(中) ¥330
カレーうどん(中) ¥450
麺の大盛りは半玉毎に¥60アップ
兵庫のうどん
TOPへ
(C) 2004 Wakky★T-Works. All rights reserved.
inserted by FC2 system